2016年5月31日火曜日

【H28年5月29日(日】 移民反対、人権擁護法反対デモ

「移民反対、人権擁護法反対デモ」

無事終了致しました。
ご参集頂いた方、拡散して頂いた方、有り難うございました。






問題に思ったのは、カウンターを監視するあまり参加の意志があった方まで排除してしまった警察の対応です。


撮影も街宣部分を途中から一部撮るだけになってしまいましたので、次の課題とします。
撮影してもいいと言う方、またご協力頂ければ幸いです。
UPは私が持ち帰ってやりますので。






今回のテーマは多くの有権者のみならず、一部の良識派政治家や教授、記者、学識経験者からも疑問視されています。

エリート自虐史観教育を受けた反日主義者の意向に沿う法律、そして移民政策、これに私達国民が右でも左でもなく、真ん中の正論を発信していかなくてはなりません。



地方自治体での暴走が予想出来るこの「ヘイトスピーチ解消法」の附則、地方自治体で取り組むように促しています。
既に多くの人権団体が政府に対する要望書などを提出しています。


そして自治基本条例の中に潜む外国人投票条例同様、地方自治体を監視していく必要もあります。
そこで外国人を含む監視委員会などを設置し「ヘイト監視」などを行ない、「ヘイト認定」などされれば日本人弾圧の人権擁護法と同一のものが出来てしまうのです。


既に川崎市は公園の使用を禁止するよう通知し、愛知県の大村秀章知事は県施設の使用を今後認めない方針を明らかにしています。


しかしこれは日本国憲法第三章(国民の権利及び義務) 第二十一条
①集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを侵してはならない。
に違反します。



さらに今回のヘイト法が、我が国が正義として考える「理念法」であるならば、海外で日本人がヘイトスピーチの被害を受けた場合、外国に対しても要求されなければなりません。
政府も率先してこの理念を世界に広げなければおかしいです。

移民推進の意向を汲んだ下準備が、「ヘイトスピーチ解消法」制定という事も言えるでしょう。



ヘイトスピーチ解消法を通した自民・公明党ですが、政局を優先し妥協するあまり将来に禍根を残す悪法を成立させてしまいました。
さらに奴隷労働力がほしい経団連の圧力に負けてか移民政策を推進するために、日本人の言論を封じ、外国人への批判をさせないためにヘイトスピーチ解消法なる法律を作ったことは愚としか言えません。


これをウシハク政治と呼ばずなんと呼ぶべきでしょうか。何と情けないことでしょう。


このことから「ヘイトスピーチ解消法」の廃案に向けて多くの日本人が気づくことが大事であり、正義の声をあげて行きましょう。




-----------以下5月22日告知の際の情報-----------



『移民反対、人権擁護法反対デモ』

平成28年 5月29日
集合13時 出発14時

場所 新阿波
座公園 (本町駅下車)



拡散、ご参加よろしくお願いします。











facebookでのイベントページ
https://www.facebook.com/events/1026526797427454/1030877496992384/?notif_t=like&notif_id=1464447753484140


 自民党が移民受け入れの為の特命委を設け、更にヘイトスピーチ解消法案を参院で通しました。

 しかし少子化対策の移民受け入れは国益を失う事が数字でも出ており、ヘイト解消法案も刑訴法と引き換えの駄法で、各地方自治体が言論弾圧条例を作りかねない付則まで付け加えています。


 与党内からも批判があり、この付則事項が悪用されれば、結果的に過去民主党が進めた人権擁護法案と変わらない産物になってしまいます。

 また九州大学准教授の施 光恒氏は、近い将来の「移民社会化」のための条件整備という側面もあるのではないか と産経新聞に記しています。

 私達に直接話して下さった自民党国会議員の要望通り、いわゆる左に引っ張られている自民党を、真ん中に引っ張る為にもデモ活動を開催します。


➖➖➖➖➖

『移民反対、人権擁護法反対デモ』

平成28年 5月29日
集合13時 出発14時

場所 新阿波
座公園 (本町駅下車)


拡散、ご参加よろしくお願いします。

2016年5月30日月曜日

満員御礼◆南京の真実パネル展in大阪【有り難うございました!】

南京の真実パネル展in大阪、無事終了致しました。

多くの方々にご来場頂き、また拡散もして頂き誠にありがとうございました。




1日目は短時間にも関わらず、約200名という驚くべき多くの来場者でした!

2日目は約100名で2日間合わせて300名近くの方々にご来場頂きました。
勉強になったと言って下さる方も多く、ご満足頂けたら幸いです。



市議会議員の先生方も来られ、ご多忙の中貴重な時間を割き熱心にパネルを熟読下さいました。

地方議員であっても正しい歴史認識を持たなければならない時代です。今後も日本を自虐史観、戦後レジームからの脱却へと導いて下さいますようお願いします。





対応に追われてきちんと挨拶出来なかった方、ごめんなさい。
一般の方の中国に対する危機意識の高さを実感しました。



また、多くの方にアンケートして頂きありがとうございました。

通州事件を大きく取り扱って欲しい、反日プロパガンダに対する反論のパネルが欲しいという声や、広く真実を広めて欲しいという声など。


また次に活かせるよう参考にさせて頂きます。


今後も一人ひとり出来ることを積み重ねる事が大事だと思っております。
共に頑張っていきましょう。



-----------以下4月30日告知の際の情報-----------


南京の真実パネル展を、大阪で開催します!


入場無料です。


南京の真実パネル展in大阪

大阪駅前第2ビル 5階ギャラリー 【入場無料】

5/22 (日) 10:30~17:00 
5/23 (月) 9:30~19:00 

主催: 凛風やまと・獅子の会

協賛: 一般社団法人 正しい歴史を伝える会 / 平成・美しい日本を護る会 / my関西 / 尊皇隊 / 学ぼう会 北摂 / 南木倶楽部 / 黒田裕樹の歴史講座

後援: 前衆議院議員 三宅博




昨年中国が、ありもしない「南京大虐殺」をユネスコ記憶遺産に登録させました。

日本は戦後からずっと、この大虐殺があったのだと子供達に教え続けてきました。

しかし今になって、中国の出してくる証拠がことごとく嘘である事が発覚し、多くの日本人が目覚めつつあります。

だけどもそれは極わずか一部です。

今回のパネル展は、より多くの日本人に真実を伝えるため開催するに至りました。

皆さんのご家族や友達、同僚、多くの人に広めて頂きますようお願いします。

ご来場、お待ちしております。