2014年7月29日火曜日

堺慰安婦パネル展、無事終了

堺西文化会館でのいわゆる従軍慰安婦パネル展、不便な場所にもかかわらず来場者200名となりました。
会館へ素晴らしいとの電話も入ったそうです。

反日思想家も多いと聞く堺で成功出来たのは、皆さんのおかげです。 ありがとうございました! 

パネル展に、凛風の為に作曲して下さった方がいたそうです。
楽譜を受け取れませんでしたので、是非また持って来て頂きたいです。
見ているかわかりませんが、よろしくお願いします^ - ^


次は自治基本条例(住民投票条例)が通ってしまった悲しい都市、生駒市に向け頑張ります。

2014年7月21日月曜日

パネル展-反日活動家の運動虚しく開催!



【凛風やまと・獅子の会】主催、7月8月9月と三ヶ月連続で
『~検証~いわゆる従軍慰安婦展』
学生さんの自由研究にもどうぞ!

【堺展示会】
場所:堺市西文化会館(ウエスティ)ギャラリー
   JR阪和線 鳳駅より徒歩7分
日時:7月26日(土)10:30~18:00
     27日(日)10:00~16:00

【生駒展示会】
場所:生駒市芸術会館 美楽来 展示室1
   近鉄奈良線・けいはんな線 生駒駅より徒歩8分
日時:8月30日(土)11:00~17:00
     31日(日)10:00~16:00

【高槻展示会】
場所:高槻市立総合市民交流センター(クロスパル高槻)
7階 交流ギャラリー はなみずき
   JR高槻駅 中央改札口南へすぐ
日時: 9月11日(木)~15日(月)10:00~18:00
       16日(火)10:00~16:00



日本政府によるクマラスワミ報告の幻の反論文に書かれている通り、法的安定性を欠く遡及効の無効・・・罪刑法定式において法を遡ることが出来ないのは当たり前の事です。報告書の矛盾点が多すぎる。後出しジャンケンです。

河野談話の「継承」は理解不能ですが、河野談話「検証」発表によって韓国政府と日本政府のすり合わせによる、『河野談合』と呼ばれるような矛盾も明らかになりました。

2014年7月19日土曜日

平和な阪南市に似つかわしくない、 「安田浩一」氏による講演会

毎月阪南市民に配られる広報7 月号(No.501)の情報で発覚した、安田浩一氏による講演会が7月18日にありました。
タイトルは『ヘイトスピーチって何?~ネットと愛国の取材から~』…人権推進課が考えたものだそうです。
★★
この人物にお金を払い阪南市に来させたのが、阪南市役所の人権推進課である事が分かりました。

●阪南市役所072-471-5678 人権推進課 (内戦2451)



◆安田浩一 とは?
日本のジャーナリスト。以前は労働問題についての著書や寄稿が殆どだったが、最近はもっぱら右翼や市民団体について、彼独自の偏見に基づいて記事を書いている。
 「在特会」などの市民団体の揚げ足を取ったり、市民が発言してしまった過激な言葉尻を捉えて、「ヘイトスピーチ」を発する「レイシスト」だと、レッテル貼りを行なっている。
しかし韓国朝鮮人による日本人へのヘイトスピーチにはまったく触れようとしない。
 最近、北朝鮮による拉致被害者を取り戻す為のデモにまで襲いかかる「しばき隊」という団体(殆どが韓国、朝鮮人で構成)もレッテル貼り、「のりこえネット」という元社会党の村山富市などが参加する団体も、在日韓国朝鮮人を養護すると主張しながらレッテル貼りを行なっている。
当然のことながら 安田浩一もこれに参加している。
 そして、中核派(極左暴力殺人集団)の講師まで務めている。また、動労千葉(中核派)の主催する交流会に何度も出席、寄稿もしている。極端に反日色に偏った人物。

◆しばき隊 とは?
Newsweek 日本版の記事にも紹介された「反ヘイト」を掲げる暴力集団。
 拉致問題を訴える活動などにもしばき隊が襲撃予告し、一人を待ち伏せして暴行を加える手法で次々と犠牲者を出している。これに伴い続々と逮捕者を出しているのが現状。
 最近この団体に混じって出没し始めたのが、中核派の主力メンバーの動労千葉(中核派とは、警察白書にも書かれている極左暴力集団)である。
 困っている人や虐められている人を見ても無視してしまう現代日本人の性格をうまく利用し、全てヘイトスピーチ、レイシストだと固めて拉致問題を広める声さえ無くそうとしている。

◆中核派が行なったテロ事件の一部
・1978 年5 月5 日、京成スカイライナー放火事件(中核派) ・1983 年6 月7 日、東鉄工業作業員宿舎放火殺人
事件(中核派) ・1984 年9 月2 日 大阪火炎瓶大量発射事件(中核派) ・1984 年9 月19 日、自由民主党本部放
火襲撃事件(中核派) ・1985 年1 月1 日、米国総領事館パイプ弾発射事件(中核派) ・1985 年11 月29 日、国電
同時多発ゲリラ事件(中核派) ・1989 年4 月2 日、日本飛行機専務宅放火殺人事件(中核派) ・1988 年9 月21
日、千葉県収用委員会会長襲撃事件(中核派) ・1991 年9 月4 日 外務省審議官実父宅放火殺人事件(中核派)

◆そもそも「ヘイトスピーチ」とは?
一見差別を無くす為に使われる用語だと思われがちだが、戦後 在日韓国朝鮮人が日本人に行なってきた様々な悪行や「ヘイトクライム」をバラす市民団体が現れ、その事態に焦りを感じ、日本人の言論を封殺しようと使いだした言葉。
 TV や新聞などではまるで日本人が一方的に外国人の排斥運動を行なっている様に報じられているが・・・実際は「北朝鮮による拉致問題」を訴えるデモに罵声を浴びせる、道路交通法を厳守したボランティア活動に入墨をチラつかせ中指を立てるなどなど・・・
Newsweek 日本版今月号に書かれている様に、誰の目から見ても、温厚な日本人を外国人やその他勢力が襲いかかっているようにしか見えない。
先月もデモ参加者の日本人一人が、失明寸前まで追い込まれるという事件があった。
これまでに何人ものデモ参加者が「ヘイトスピーチ」というレッテルを武器に襲われている。






特定のイデオロギーに対し公費を出す事など、あってはならないことです。

税金とはもちろん、 私達 国民の税金です。

阪南市の複数の愛国議員から市に訴えても伝わらず、「国民の目で抑止力としていくしか無いでしょう」と肩を落とされました。


しばき隊と同じ過激派集団、男組の逮捕もあり、資料を提示すると感謝されました。

講演会を決定した人権推進課もビックリし、東京の7/13日移民受入れ反対デモに安田氏が男組、しばき隊と共にカウンターに参加していた事も残念そうにしておられました。

私達は当日、中核派に負けないよう応援街宣、ビラ配りなどしました。

大阪府内で一番犯罪件数が少ないのが阪南市。

ちいさな山に囲まれ、海も近い平和な街。因みに被差別部落はありません。
阪南市役所の公費でこの様な講演会が開かれたこと、住民の方も恥ずかしいと言っておられました。

以下、阪南市民の感想を紹介します。

---------------

阪南市のおっちゃんおばちゃんをなめとんちゃうか?
安田が胡散臭い事バレバレやで。お前の本質くらい見抜けとるわ。
途中イライラしだして焦りだして、さらに言葉が多くなってるのが目に見えてわかるわ。

在特会が日本のためと思ってやってることくらいわかるわ。
日本人が日本守って何が悪い?
韓国人も同じやろ。

P.S
あんまり叩いて仕事なくなったら可愛そうやから、そんなに叩かんといてあげてな。
---------------

また続報を上げます。

阪南市役所072-471-5678
人権推進課 (内戦2451)

2014年7月14日月曜日

従軍慰安婦肯定派による反日活動

従軍慰安婦肯定派による
『「検証・いわゆる従軍慰安婦展」パネル展示の中止を求めます!』
という署名が事実上無効となったようです。

↓以下堺市の回答だそうです。少し引用します。
---------------
堺市側は、
①HP等でチラシを見る限りでは「『公序良俗に反する』という判断には至っていない」という認識であること、
②「ヘイト・スピーチを行う団体には貸さない」という内部連絡はmailで送っている、というものでした。

 これまでの展示例の中から、「売春婦を輸出する韓国」など、「慰安婦問題」とは全く関係のない明らかな人種差別、民俗憎悪扇動にあたる4枚のパネルを見せても、これはヘイト・スピーチに類するとは言いませんでした。

 また、①主催団体と在特会がどのような関係にあるのかについて踏み込んだ調査を行っていないこと、
②これまでの展示例を調べて、そこに人種差別、民俗憎悪の内容が含まれているかどうかを積極的に調べる姿勢がないこと、
③主催団体に対して「ヘイト・スピーチに当たる場合は貸し付けを取り消す」という警告を行っていないこと、
④ヘイト・スピーチ、ヘイトクライムなどの画像等を誰一人観たことがないこと、
⑤朝鮮学校京都地裁判決文、大阪高裁控訴審判決文を全く読んでいないことなど、腰が引けている姿が浮かび上がりました。

---------------

★★
もしこのような署名が認められるとすれば、まさにファシスト、言論弾圧の社会です。

日本政府によるクマラスワミ報告の幻の反論文に書かれている通り、法的安定性を欠く遡及効の無効・・・罪刑法定式において法を遡ることが出来ないのは当たり前の事です。報告書の矛盾点が多すぎる。後出しジャンケンです。

河野談話の「継承」は理解不能ですが、河野談話「検証」発表によって韓国政府と日本政府のすり合わせによる、『河野談合』と呼ばれるような矛盾も明らかになりました。

★★以下は韓国人による日本人差別です。

◆韓国済州島のレイクヒルズリゾートグループが、翼下の5つのゴルフ場と、6つのリゾート施設で「日本人入場禁止」
http://www.news-postseven.com/archives/20131216_230873.html
◆釜山の反日デモで、領事館員が暴行された事件
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140308/kor14030822500005-n1.htm
◆韓国日本人学校襲撃事件
http://www.geocities.jp/koreanurupo/

★★
1980年代アメリカで使われ始めた『ヘイトスピーチ』、どうやらこれを規制する連邦法は無いようです。
「政府はその思想自体が攻撃的あるいは不快であるからという理由だけで思想を禁止するべきではない」(Texas v. Johnson, 491 U.S. 397, 414 (1989))
州法により特定の者に対する脅迫等にあたるヘイトスピーチを規制することは合憲とのこと。

海外でも定義があやふやな『ヘイトスピーチ』。
橋下徹氏のような一時の感情だけでこれを考えよう、という浅はかな行動は控えるべきでしょう。

★★
ともかく、パネル展は何の問題もなく開催いたしますので、是非ご来場下さい!