2014年8月6日水曜日

朝日新聞が言い訳を発表

朝日新聞、従軍慰安婦について誤りを認めました。
しかし、謝罪はしておりません
これだけ日本人を、世界中の人達を惑わせておいて。それも32年間です。
もし謝罪してもそれだけでは足りない。
朝日新聞という会社を畳んでしまわない限り、日本の名誉と国益を貶めた罪は消えません。


大阪朝日新聞社前にて抗議街宣を行いました。









---記事の要点---
①「朝鮮や台湾で日本軍が組織的に女性を連行した資料は見つかっていない」と認めた

②「日本軍が済州島で女性を強制的に慰安婦にしたとする吉田清治証言は虚偽である」として記事を取り消す

③「女子挺身隊を慰安婦であるように報じたが、記者の混同によるもので事実とは全く別のものである」と認めた

①②③とも間違いを認めて調査も不十分としているが、そういう記事を捏造記事というのではないのか
結局、言い訳に終始しているが朝日新聞が広めた記事によって今日本が世界から批判を浴びている現状に対して何の謝罪もしていない
今回発表の記事で済まそうとしている朝日新聞の姿勢を許さないのは勿論であり、その大罪と責任を追求していかねばならない。
--------


朝日新聞は「読まない、買わない、読ませない」!