2014年8月16日土曜日

靖国神社、明治神宮参拝

皇紀二六七四年8月15日 大阪から東京 靖国神社へ参りました。

台湾の方からも沢山の有志が参拝に来られています。

私達が今生きているのは、靖国に眠る英霊たちが祖国を護って下さったからだと、しみじみ感じました。






そして毎年靖国神社前で正気の沙汰とは思えないデモ。反天連(反天皇制運動連絡会)

昭和天皇の骸骨人形、菊の御紋にバツ印プラカード、血まみれ人形…

「そんなに日本が嫌いなら、出て行け!」

そう言わずにはいられないデモが靖国の前を通り過ぎます。





この反天連について ノンポリ一般人から見たデモの感想は

   「日本を愛する人達のデモかと思った。」

とのこと。
…カウンターで反天連デモが隠れて見えないのと、頑張れ日本のデモが直前に通ったからでしょう。

私達のカウンター行動を疑問視する声もあるようですが、ではこの日本を全否定するデモへの、反対の声がなくなってもいいのでしょうか?

私はこれを許してはいけないという衝動にどうしても駆られます。
皆さんはどうでしょうか。





前日は明治神宮へ参拝しました。


素敵な場所でしたが残念ながら短時間しか居れず、また行きたいと思っております。