2013年9月23日月曜日

【ありがとうございました】第一次資料と写真でつづるパネル展 ~慰安婦問題を糺す

パネル展は来場者、警察発表150人の大盛況になりました。本当に皆さんのおかげで成功できました。ありがとうございますm(_ _)m

今回のパネルは「捏造慰安婦問題を糺す日本有志の会」様からお借りしました。
次回12月1日のあべのベルタ3Fでは、別のパネルをお借りして開催します。内容も変わりますので、期待して下さい。

今回のパネル展で、「知らなかったことが沢山あった」 「初めてこの真実を知った」など、アンケートに答えて下さった方がいて、開催してよかったと心から思いました。




「従軍慰安婦」「日本軍慰安婦」という言葉は造語です。
日本人はもっと真実を知り、自身を持って貰いたいと強く感じます。

反対勢力が言うことを冷静に聞いてみれば、嘘や曖昧なものが殆ど。そして僅かなほころびの細かな所をつついてくる。

でも彼ら反日活動家を、そこまで掻き立てるのは一体何なのでしょうか?
お金のために活動している人も多いかもしれませんが、一般国民からは到底理解できないものです。

反原発のデモに参加している人々でも、日本の為になると信じて参加している人もいるでしょうが、証拠も曖昧な慰安婦の事に対してここまで活動する人々の意図がわかりません。
そもそも日韓基本条約を締結し、漢江の奇跡を起こす程の金額を受け取った韓国政府に補償を求めるべきです。
「太平洋戦争犠牲者遺族会」も、元々は韓国政府に対して戦後補償運動をしていたのです。
彼らは韓国政府が補償するべき問題だと知っているのです。



親に売られた、キーセンに騙された朝鮮人女性はとても悲惨な目にあったでしょう。
しかしその恨みが晴らせないからといって、本来矛先を向けるべきではない相手に謝罪と倍賞を求めるなど、信じられない、とても恥ずかしい行為です。

現在でも親の借金のためなど、自分の意志に反して売春をせざる負えない女性は数多く居ます。想像を絶する辛い思いをしているでしょう。考えると、男達を追い払い、守ってあげたい気持ちに駆られます。
そんな女性達がきちんとした補償を受けられるなら、喜ばしい事です。

しかしこの自称慰安婦のおばあさん達はどうでしょうか。
橋下市長に面談を申し込んで、検証されるのを恐れたのかドタキャンする。
韓国からわざわざやってきて、自分が本当に日本軍の被害者であるなら、こんな事をするでしょうか?
私なら体調が悪くなったとしても、次の日や次回来日した際など、絶対に面談したいと申し出ます。




「日本軍・従軍慰安婦は居た」という方の主張は、日本人には到底理解できないものです。
彼ら活動家が朝鮮人・韓国人であるなら、歪んだ愛国心でそう主張しているのでしょう。

では日本人は・・?
日本人は堂々と主張しないのでしょうか?
私はもっと多くの日本人に、愛国心を持って、自信を持って主張して欲しいと、最近特に思うのです。





以下は告知時の記事です。

-------------------------------------------------------------------------



第一次資料と写真でつづるパネル展 ~慰安婦問題を糺す

従軍慰安婦、日本軍慰安婦が捏造だということ、はっきりとした資料でお見せ出来ると思います。

従軍慰安婦、日本軍慰安婦がいたとおっしゃる方は、是非しっかりとした資料をお持ちになってお越し下さい。



当日手伝って頂ける方を募集します。
準備や、当日の会場での案内、質問への対応、撤収作業など・・・
お手伝い頂ける方は、当日の9時15分に会場へいらして下さい。
よろしくお願いします。

【開催場所】
大阪市立生涯学習センター 梅田
大阪駅前第二ビル5F ギャラリーB

【開催日時】
2013年10月27日 10時30分~15時30分

【入場料】無料

【主催】凛風やまと・獅子の会




2013年9月18日水曜日

インターネットラジオに出演取材

少し前になりますが、「井戸端通信 聞き捨てならないお話」という番組に出演させて頂きました。

緊張しましたが、DJのあ太郎さんは流石プロで、話をどんどん引き出してスムーズな会話の流れの内に番組取材が終了しました。

番組はこちらに上がっています。


井戸端通信|聞き捨てならないお話

Podcastはこちら

2013年9月15日日曜日

ありがとうございました。-2013年9月15日(日)拉致被害者奪還デモ in 大阪

先日は台風が来ている中デモに参加して頂いた皆様、本当にありがとうございました。お疲れ様です。
遠方から駆けつけて下さった方の熱意もあり雨天決行としました。主催は凛風ですが、皆さんの作り上げて下さったデモです。
警備して下さった警察の方にもお礼申し上げます。

拉致被害者が帰るまで活動を続けて行きますので、ご協力頂ければ幸いです。
皆さんに負けないよう私も頑張ります。

「拉致問題を風化させるな!」東京・大阪などで拉致被害者奪還を訴える街頭活動 やまと新聞











------以下告知時文面------
拉致被害者奪還デモin大阪

【開催日時】
2013年9月15日(日)
15:00~16:00 街宣
16:00~17:00 デモ
【集合場所】
新町北公園集合
【主催】
凛風やまと・獅子の会

※雨天中止としています。

悪天候の場合、当日の13時頃にツイッターで発表します。
https://twitter.com/mossan192000

http://calendar.zaitokukai.info/kinki/scheduler.cgi?mode=view&no=155

2013年9月6日金曜日

会員による活動報告

先日、凛風会員の一人が自治区内で水はけの悪い箇所の改善依頼を出してきました。
成人男性で腰まで水が飛ぶということで、小さい子だと全身かかるであろう場所です。
速めに対処してもらえそうで何よりです。

2013.9.1 和歌山太地町にて

和歌山太地町に言ってまいりました。
現地の鯨、イルカ、鮪を食べてきましたが、どれも美味しく戴きました。








和歌山太地町では、リック・オバリー監督による反日映画「The cove」が作られて以来、反捕鯨団体による悪質な嫌がらせが毎年、毎日行われています。

イルカやシャチや鯨を殺すのは可哀想だと言う事ですが、日本では漁師たちがそれを生業にして生計を立てているのです。


イルカ漁等に対する和歌山県の見解

日本は四方を海に囲まれた島国で、古来より海産物を重要なタンパク源として利用してきました。鯨やイルカもその一部で、縄文時代からの長きにわたり食べられてきたことが判明しています。
 急峻な地形を有する和歌山県の紀南地方は耕作地に乏しく、沿岸に来遊する鯨やイルカを古くから食料としてきたことはごく自然なことであります。
 日本では、捕獲した鯨類は、食料としてだけでなく、工芸品の材料など余すことなく利用しており、石油の利用が始まるまで、鯨油の採取のみを目的として捕鯨を行い、大量に鯨を殺しては、その大部分を海に捨ててきた一部の外国の捕鯨とは一線を画してきました。
 捕鯨やイルカ漁は地理的に厳しい環境にある地域の重要な産業・文化であり、漁業者の生業であります。自然の恵みに感謝しながら、畏敬の念を持って供養祭を行うなどの習慣が今も続いています。  牧畜により大量の家畜を飼い、と殺し、食している人々も同じです。家畜の命を絶つことの罪を感じ、自然に感謝しながら食べています。
 この営みを一方的に批判したり、不正確な情報で煽ったりすることは、価値観の一方的な押しつけに過ぎません。


彼らは鶏、豚、牛、その他の屠畜場の風景を見たことはあるのでしょうか?
例えば牛は麻酔をかけられて屠殺されますが、沢山の牛が麻酔が完全に効かずに生きたまま殺されるそうです。


そもそも「The cove」に描かれている内容にはヤラセ疑惑もあり、冷静に考えてみれば他国の食文化(人肉以外)にわざわざ日本にやってきてまで文句を言うなどあり得ないことです。

韓国では赤犬を苦しめて殺すほど美味しくなると言って残酷な殺し方をしますが、日本人は日本でそれはどうかという意見はあっても、わざわざ韓国にまで行って抗議などしません。


さらに反捕鯨団体である「シーシェパード」は、今年2月にロサンゼルス第9巡回控訴裁判所で『海賊』と認定されています。
『海賊』だということは、射殺しても罪には問われないという事です。

シー・シェパードは「海賊」、米控訴裁が認定

『「船で体当たりし、酸の入ったガラス瓶を投げつけ、金属で強化したロープを海に投げてスクリューや方向舵の損壊を試み、フック付きの発煙弾や閃光弾を撃ち、強力なレーザー光線をほかの船に向ける者がいれば、それは疑いようのない海賊だ」(コジンスキー裁判長)』

今回集まった反捕鯨団体は太地の町や漁師さんを盗撮し、シーシェパードにデータを送ってお金を貰っているそうです。


現地の警察・海保にはしっかりと警備して欲しいですね。

太地町に臨時交番を開所 県警 鯨類漁を24時間警備

太地町特別警戒本部長の瀧川泰弘警備部長が「彼らの挑戦的な主張や行動は目に余る。本年も反捕鯨団体の活動家が太地町に滞在して妨害活動や、捕鯨の映像をインターネットを通じて全世界に発信することも予想されるなど違法行為を慣行することが懸念される。誇りと使命感を持って与えられた任務を全うしてもらいたい」と訓示。


今回反捕鯨団体が騒ぎに来た事と、私達がバーベキューのついでに反捕鯨団体に抗議した件は、各新聞に取り上げられました。

騒然! 100頭のイルカを捕獲網へ 和歌山太地町の追い込み漁解禁に外国人50人が抗議活動

太地「クジラ漁」解禁…反捕鯨抗議、言い争いも

太地町のイルカ漁が解禁 反捕鯨団体は抗議活動


この騒ぎを聞き付けてか、住民の方が私達が帰る頃に入り江に見物に来ていたようでした。


前日漁協スーパーで買い物していると、カメラを持っていたため不審に思ったのか職員の方が、「シーシェパードか?」「違うみたいやで」と話しておられ、私は「シーシェパードでは無いですよ」と答えました。そして私達は大量のクジラ肉、その他イルカ肉牛肉を買い込みました。
何事もありませんでしたが、店には『店内撮影禁止』と大きな注意書き。嫌がらせを気にしているんでしょう、本当に町の人が可哀想だと感じました。

夕食に出かけるためタクシーに乗り込んだ3組を乗せた運転手は、3人ともが「反捕鯨団体の主張は間違っている」と言っていました。



皆さんはどう思われますか?

2013年9月5日木曜日

維新の会アントニオ猪木は国民・拉致被害者に謝れ!【2013.8.28幸希さん・凛風】

2013年8月28日

 幸希さんの提案で大阪の維新の会に行き、幸希さん自ら書かれた抗議文を維新の会責任者の前で読み上げ提出、街宣を行いました。







*東京都内の外国特派員協会での講演で アントニオ猪木・日本維新の会参院議員 *

よく私は講演で「拉致問題が解決したら我々は幸せになりますかね?」と言うと、皆さん「え?」って顔をする。
今まで凝り固まっていた考え方、視点をちょっと変えることによって、もっと知恵が出てきて、解決をどうしましょうかとなる。
---------------------------------

拉致問題というのは北朝鮮が我が国に対して行った犯罪行為です。主権侵害であり、最大の人権問題です。

アントニオ猪木は拉致問題を北朝鮮の視点で忘れようと、無かった事にしようとしているのではないのでしょうか。

日本の政治家は日本を守るために国民を代表して仕事をして貰わなければならない、その為に国民の税金が使われているのに、一体何のための国会議員でしょうか?
一刻も早いアントニオ猪木の除名処分をよろしくお願いします。