2013年3月5日火曜日

2013/2/9(土) 新大久保の韓流撲滅デモに参加

神鷲皇國會の清水さんの呼びかけにより、東京新大久保のデモに参加して来ました。

不逞鮮人追放!韓流撲滅 デモ in 新大久保

ニコニコ動画『神鷲皇國會 公式』

初めて行った新大久保、ビックリしました・・・鶴橋のように空気のこもってない開けた場所なのに、とても臭かったです。
焼肉の匂いとも生ゴミの匂いとも思われる悪臭が、広々とした通りに漂っていました・・・。

桜井会長が言うには、新大久保は江戸時代から続く日本人の町だったそうですが、韓国・朝鮮人が住むようになって今の荒れ果てた姿になってしまったそうです。

地主の方も大変迷惑していて、よそから来た韓国・朝鮮人に脅されながら生活しているとのこと。
ドン引きですよね・・・

これで韓国・朝鮮人は日本人に対して「仲良くしよう」と言ってくるのですから、呆れますね。



私は韓国朝鮮人・支那人(中国人と呼ばれる人)以外の日本にタカらない外国人には仲良くしたいと思いますが、マナーも悪く日本に迷惑をかける相手は立ち去って貰いたいと思っています。

しかし無視するだけでは相手のためになりません。
しっかり注意してあげないと理解しない人間がいる事は皆さんもよくわかっていると思います。

そのような人は日本人にも勿論いますが、韓国朝鮮人・支那人は根本的な思想が違います。
日本は法治国家ゆえ、悪いと分かって悪さをする日本人がいます。
韓国朝鮮・支那は、日本で言う「悪いこと」が日常茶飯事なのです。




例えば韓国は女性に対しての暴力が当たり前です。
何故なら古代から女性に人権は無く、『女は三日殴らないと狐になる』という諺まであります。

2010年の家庭内暴力の実態調査報告書によると
19歳以上65歳未満の成人男女2659人のうち、夫婦間の家庭内暴力による身体的被害を経験した女性の割合は、なんと51.3%だそうです。

韓国朝鮮人は、女は殴って当たり前だと思っているのです。昔じゃありません、現在もです。



窃盗強姦も多く、犯罪が日常化している国の人間に対して、無視しているだけでは事態が悪化するだけです。

日本人がもっと不良外国人に注意していかなければ、日本が今よりもっと荒らされてしまうのではないでしょうか。
新大久保が綺麗な街に戻って欲しいですよね。